おすすめのキャッシング会社とは?

人間先の事は分からない。急な出費に備えて、常に貯金を心がけるべきだ。

でも分かってはいても、なかなかその通りにできないのもまた人間らしさなのかも知れません。

急な出費、でも手持ちが心もとない、そんな時に手軽に利用できるキャッシングサービスは、

近年いろいろと増えてきています。

ひと頃に比べて、利率も比較的リーズナブルで、

ネット上の手続きだけで済む場合も多く、より手軽に利用できるようになって来ました。

そこで、数あるキャッシングサービスから、私たちは何で選択すればいいのでしょうか?

一番確実なのは、やはり銀行系のローン、ずばり「銀行系ローン」で検索すれば、

いくつもの比較サイトに簡単にたどり着けるでしょう。

銀行系のキャッシングは全体的に利率も低く、個人情報などの管理もしっかりしているので、

最初の選択肢としてはお勧めです。

今すぐ借りる場合はアコムで決まりだと思います。

無利息期間を含めた利息計算法

消費者金融会社のカードローンには、無利息期間を設定している業者が数社あります。

顧客がカードローンを申込んだ場合、最初の1週間か最初の1ヶ月が無利息になる訳です。

従って、この無利息期間内に元金を全額返済すれば利息は一切掛りません。

つまり、カードローンの返済を計画的に行える人や短期間にカードローンを全額返済できる人は、無利息期間がある業者が有利になります。

只、無利息期間に魅かれて申込んだ人の大部分は無利息期間中に全額返済はできませんし、むしろ借入は長期間になっています。

つまり、無利息期間に魅かれてカードローンを設定しましたが、無利息期間を有効に使えていないことになります。

そこで、無利息期間を含めたカードローンの利息計算をお奨めします。

無利息期間を含めたカードローンの計算を行うことで、無利息期間の有利性と通常のカードローン金利が高いことが実感できるからです。

例えば、年率20%でカードローンを組んだ場合、1ヶ月の無利息期間を含めて3ヶ月で全額返済した場合は実質年率で13%の金利となります。

同様に1年で全額返済した場合は、実質年率18.3%の金利となります。

同様に2年で全額返済した場合は、実質年率19.2%の金利となります。

同様に3年で全額返済した場合は、実質年率19.4%の金利となります。

つまり、1ヶ月の無利息期間があるカードローンの場合、3ヶ月で全額返済した場合は20%の金利が実質13%に下がりますから無利息期間の意味があります。

しかし、全額返済が1年~3年に及んだ場合は、1ヶ月の無利息期間の設定は殆ど意味がありません。

この様に自分の電卓で計算してみると、よりリアルに利息の実体を掴むことができます。

また、逆の面から言えることは無利息期間の設定は返済期間が1年以上の顧客には意味がありませんが、業者にとっては良いイメージの宣伝になるということです。

従って、借入期間が3ヶ月以内に全額返済できそうな場合は、無利息期間がある業者を選定をすると良いでしょう。

 

仕事が一段落

年末年始の多忙がようやく一段落付いたので、11月頃に考えていた銀行口座のことを再開しようと思います。

今までは、銀行のことはずっとほったらかしで「どうせどこの銀行も金利が低いから一緒だろう」と思っていたんですが、どうやらちゃんと調べてみると、結構ちがうみたいなんですね。

インターネット専用の銀行とか、キャンペーン金利とか、調べだしたらいろいろと出てきて、手続きを開始したところで年末に突入していたのです。

口座開いただけで、まだ資金移動が出来ていなかったり、中途半端な状態で放置してしまっていました。

でも、仕事が忙しいときにややこしいお金の話まで両立できないですもの。

年度末で忙しくなるまでに、銀行関係すっきりさせる予定です。

お金を借りるならコチラ無利息キャンペーン中のアコム

カードローンの無利息期間とは?

一部の消費者金融会社のカードローンには無利息期間が設定されています。

カードローンの無利息期間とは、顧客サービスの一環としてカードローンの融資が実行されてから一定期間は利息が掛からない期間を設定することを意味します。

現在、無利息期間を設定している消費者金融会社は、30日間の無利息期間キャンペーンを行っているプロミスと1週間の無利息期間を設定しているノーローンがあります。

従ってプロミスでは融資の実行から最初の30日間は無利息ですから30日以内に全額返済した場合には利息は一切掛かりませんし、ノーローンの1週間の無利息期間も融資の実行から最初の1週間は無利息です。

しかも、ノーローンの場合は、全額返済した場合に翌月に再び融資を受けた場合でも再び最初の1週間は無利息となり何度でも1週間の無利息期間を利用することができるメリットがあります。

これらの無利息期間の設定は顧客サービスとしては悪いことではありません。

只、現実問題はもっとシビアな面が有ることも事実です。

つまり、消費者金融会社でカードローンの融資を受ける人で、1ヶ月以内に全額返済する人は非常に少ないということです。

1週間で全額返済する人はそれにも増して少ないと言えます。

従って、仮に1ヶ月が無利息だとしても、顧客が借りる期間によっては無利息の意味は殆ど消えてしまうということです。

計算してみると明らかですが全額返済までの期間が6ヶ月以内の場合は無利息期間のメリットが大きいと言えますが、1年を超えると無利息期間の設定は殆ど意味を持ちません。

従って、消費者金融会社を選ぶ側の顧客としては、6ヶ月以内に全額返済できる借入については無利息期間の設定がある消費者金融会社を選び、1年を過ぎそうな場合はその他の条件も勘案した上で消費者金融会社を選ぶことがポイントと言えます。

無利息期間があることだけで業者を選ぶのは、少し早計すぎると言えます。

従って、逆に言えば消費者金融会社にとって無利息期間の設定は、顧客への宣伝効果は意外に大きいと言えます。